福原のソープで出会った巨乳のソープ嬢との体験談

休みの日にちょっと遠出して兵庫へ出かけ、福原の風俗街で、久しぶりにお店を利用してみました。

受付に着くと、今から行ける嬢のパネルを見せてくれて、意外と暇なのか、ゆっくり選んでくださいねと店員さん。

出されたパネルは5枚で、その中にとてつもなくおっぱいの大きい嬢がいました。
IかJカップぐらいだったと思います。

風俗店は何軒か通っていますが、ここまで大きいおっぱいには相手をしてもらった事がありません。

店員さんにこの子が良いと伝えると、何故か執拗に他の子をススメます。
2回ぐらいススメられましたかね。

しかし私は最初に選んだ嬢を変える気はありませんでした。
こちらの意志が固いと思ってくれたのか、それ以上は店員さんも薦めてはきませんでした。

料金を支払い待ち合わせロビーで数分待つと、嬢とご対面です。
スリーサイズやプロフィールから大柄な嬢かなと思っていたのですが、実際に会ってみるとそこまで大きくはありませんでした。

しかしおっぱいは写真のとおりものすごく大きく、爆乳です。
過去最高の爆乳です。
部屋まで一緒に歩くんですが、いかにも風俗嬢を連れてますという感じで、少し気恥ずかしくもありました。

エレベーターから部屋へ向かう間も、彼女はその爆乳を押し付けてきてすごく積極的です。

部屋に入った後もすぐにイチャイチャしてくれて、フロントへの電話中も抱きしめ会っています。
どんだけイチャイチャパラダイスなんだと。

彼女の胸もパンパンですが、私のジュニアもパンパンです。
お互いに服を脱がせあって湯船から即マットへ向かいます。

密着しながら洗ってもらい、すぐにベッドへ移動します。
早くその爆乳を味わいたいですからね。

ベッドへ寝転がるとすぐさま彼女が覆いかぶさってきて、激しいキスが始まります。

キスが終わったと思ったら、今度は爆乳が顔を襲ってきます。
乳首が性感帯のようで、腰をヒクヒクさせながら胸を押し当ててきます。

気づけば彼女の草むらはとろとろに濡れていて、そのまま騎乗位素股。
下から見上げる爆乳は圧巻で、その2つの山が揺れる様を見ながら気持よく発射します。

ちょっと休憩したかったのですが、彼女が休ませてくれません。
乳首を舐められながら、ジュニアを手コキされると、むくむくと復活してきました。

上で動くのが好きなのか、また騎乗位素股をしてくれたんですが、動きが少し疲れているように見えたので、正常位素股に切り替えてもらいます。
感度がいいだけあって、ローションいらずのびっちょりでした。

そのおおきなおっぱいを腕で寄せて、こちらの腰に動きに合わせてゆれる爆乳は、かなりの絶景ですね。

大きめの乳首を舌で転がしながら腰を動かして、2回目の発射を迎えました。

今回は嬢が積極的に攻めてくれて、しかも初の爆乳で大変満足させてもらいました。